0570-011-119

朝刊連載「時代の証言者 日本酒新時代」~桜井博志さんの6回目です。父親の通夜の席。遺体のある部屋から瓶詰め前の酒のタンクを見て、桜井さんは酒蔵を継ぐ決心をします。当時の売り上げは最盛期の3分の1。このままでは潰れてしまうと思った桜井さんは、思いつく限り、あらゆる手を打ちます。(梶)

朝刊連載「時代の証言者 日本酒新時代」~桜井博志さんの6回目です。父親の通夜の席。遺体のある部屋から瓶詰め前の酒のタンクを見て、桜井さんは酒蔵を継ぐ決心をします。当時の売り上げは最盛期の3分の1。このままでは潰れてしまうと思った桜井さんは、思いつく限り、あらゆる手を打ちます。(梶)