0570-011-119

RTby@Yomiuri_Online:朝刊連載「時代の証言者 昭和の牛若丸」~藤ノ川豪人さんの4回目です。14歳での入門に反対の母は親方に「せめて高校や短大は出してやりたい」と泣いて訴えます。師匠は相撲部屋から高校に通わせると約束し、母は折れました。後に相撲部屋を持ち、子を思う親の気持ちが痛いほど分かりました。(修)

朝刊連載「時代の証言者 昭和の牛若丸」~藤ノ川豪人さんの4回目です。14歳での入門に反対の母は親方に「せめて高校や短大は出してやりたい」と泣いて訴えます。師匠は相撲部屋から高校に通わせると約束し、母は折れました。後に相撲部屋を持ち、子を思う親の気持ちが痛いほど分かりました。(修)